Creative div. 03 3463 6518
Artsist Management div. 03 3463 6517

Monday, 1 May 2017

We are starting an Artist Management division!!


QLUTCHでは新たにマネージメントディヴィジョンを立ち上げ、5月1日よりフォトグラファー木下治子が所属する運びとなりました。 これまで行ったきたアートディレクションやデザインにも更に磨きをかけけることもさながら、新規プロジェクトにも取り組むべく、フォトグラファーを迎え入れ新体制でチャレンジを続ける所存です。

木下治子は、細やかなライティングスキルを活かし、被写体のベストなカットを捉えます。ソフトな印象に仕上げながらも芯の強さを感じさる作風が特徴です。ディレクションとフォトグラフィーの連動を感じさせることのできる強固な作品づくりに取り組みながら、両者のタッグによって生まれるケミストリーにも期待し、昨今のデジタルコンテンツの流れをキャッチし、動画やGIFなど、デジタルならではのおもしろさや見応えを模索、これまで構想段階で踏みとどまっていた企画にも積極的に取り組み邁進したいと思います。

また、個々の活動の場を増やす一層の努力を惜しまずに、より多くのみなさまとご一緒できる機会に恵まれますよう、精進いたします。


We're pleased to announce that we are starting a new management division and photographer Kinoshita Haruko is joining us. Haruko is a very talented photographer who uses precise lighting techniques to create her vision. Her photographs often present a feeling of calmness at first glance, but when you look deeper you'll notice a certain complexity to her photographs which comes from having a great understanding of her craft and subjects.

The new management division working side by side with Kinoshita Haruko presents a great opportunity. Together we'll be able to tackle certain challenges such as working with new digital content like cinemagraphs that is trending on SNS and other media. We are going to be creating new things which we have not yet done and will be doing so without fear. We believe its very important to push boundaries and to keep moving forward.

 We're looking forward to meeting new people and creating new opportunities. Thank you.

Tuesday, 28 March 2017

Idea strategy of designer


3月24日MdNより発売「デザイナーのアイデア戦略」にて掲載をしていただきました。プロジェクトに着手した後、メモ書きのアイデア出しから始まって、レファレンス収集、ラフスケッチ、モックアップの作成、また、クライアントの出し戻しを経てからカンプの完成などなど、デザインとして完成するまでのプロセスの一部を公開した本です。今回は、私たちがお手伝いをした、展示会の招待状とファッションビジュアルの2作品を4ページにわたり紹介していただきました。デザインの作業は、ゼロからはじまり、完成して私たちの手が離れるようになるまで長い時間がかかるものです。納品されるまで手のかかる案件ほど、仕上がったときの喜びはひとしおです。。。の、はずです!


Our work got on the page of "Idea strategy of designer" which has been released on 24th March. This book shows the behind the scene of design work that starts from zero, getting some vague ideas first, doing some sketches, brushing them up, and talking to a client again, getting their reaction, taking their opinion into the design if it's necessary, then repeating this till our client is happy about it,and then, finally the project is done. It Is really a long way to finish the project up  from nothing. The longer way we go, the more contentment...sometimes!



 

Monday, 6 February 2017

MdN Designers File 2017


2017年も『MdNデザイナーズファイル』に掲載していただきました。昨年にお手伝いしたお仕事の一部をご紹介させていただいています。ご協力いただいたみなさまどうもありがとうざいます!!こちらの本への掲載をきっかけにして、出会う方にもたくさん恵まれました。今年も良い作品づくりを目指します。本日2月6日(月)発売です。


We are very excited to have a page on "MdN Designer's File 2017" It shows some of our work, and leads us to meet new people, new work, new creativity and more.
Great thanks to all who joined our project. We'll keep on doing to make our very best!



 

Monday, 2 January 2017

Tuesday, 12 July 2016

Art embraces Technology, and vise versa



Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験」を体験してきました。 テクノロジーとアートの融合をテーマにしたチャレンジンジングなエキシビション。視覚、聴覚をコントロールすることで体験できる新たな知覚は、脳への新たな刺激がたっぷりでした。果てしなく広がるBjorkワールドを堪能しました。まだまだ画像が荒かったり、ヘッドセットが重たすぎて装着感が不快だったりと、改善されていくだろうと思われる点もたくさんありました。この心地の悪さがなくなれば、より素晴らしい脳内体験を楽しめるかなと思います。ソフトとハードの開発がどんどん進むことで、もっともっとヴァーチャルコンテンツがダイレクトに知覚に働きかけ、将来的にはどちらが現実なのか、仮想空間なのかが分からなくなるくらいになり「体験」を超えた「経験」として認識されていくのかと思うと、エンターテイメントの枠では収まらない可能性が広がっていくように思います。Google CardboardとiPhoneの組み合わせでYoutube上のVRを見てはいましたが、音楽も含めまた一味違ったものという印象でした。音楽PVとして以外でも攻殻機動隊 新劇場版のティザー(3D)やCHANEL ALLURE HOMMEのムービー、GapもVRを使ったストリーミングフェスを開催するなど話題に事欠かないVR。RICOH THETAとGoogle Cardboardで比較的簡単に撮れるようなので、ファッションというキーワードで何かおもしろいことができないか模索したりしています。次はVR ZONEに行ってもう少し俗っぽいコンテンツを楽しみたいと思います!


Bjork's digital exhibition was fabulous. It's got a theme about a fusion of "art" and "technology" and they embody it really well. When your ears and eyes are controlled by proper devices, you'd experience something totally new and that is such a stimulation. I simply enjoyed this Bjork's challenging and beautiful world. She was standing in front of you and you stepped into another world with her.  Although, the vision was not clear enough and the glasses were way too heavy to wear, those problems will be sorted out soon. If they got better to put on, you'd completely soak into it. It could be even difficult to tell which is realty and which is virtual one. VR has got biggest attention by a wide diversity of creative people at the moment, such as Chanel to Japanese animation. It has got lots of potential and will get much bigger and more popular in the coming future.

    
COPYRIGHT © 2017 QLUTCH, SATAKE KENSETSU Inc. ALL RIGHTS RESERVED.